« Bromptonの手綱(たづな) | トップページ | トートバッグ2 »

トートバッグ

真四角なトートバッグを製作しました。今回はご依頼を受けての製作です。
でも、製作期間があまりに長く、製作途中の写真があまり無かったです。(^^;
140802_002_800

基本的な構造は「手縫いで作る革のカバン」にあった「角形トートバッグ」を参考にしていますが
持ち手の部分だとかを一部オリジナルとしています。

使用した素材は、以前半裁で購入したラティーゴ。ショルダーバッグの後、しばらく何も
作ってないので、まだまだ沢山余ってますので。

バッグのサイズは「A4サイズがすっぽり入る大きさ」と言われましたので、その寸法で。
あとは私が行く「浅原革漉所」(漉き屋さん)では機械のサイズの都合で巾は30cm以内
と言われてますので、それも考慮し28cm角に決定。
こちらの漉き屋さんはほとんどの場合、その場で作業してもらえるのでいつもそこでお願いしています。

胴体、わきまち、持ち手、内ポケットとそれぞれの厚さに漉いてもらい、製作開始。
最初は持ち手を作りました。(写真無し(^^;)

こちらはわきまちの部分。床面の処理をしています。
140420_006_800

次に端の部分を漉いていきます。おが屑のようにボロボロ出てる時は全然漉けていません。(^^;
こんな時は刃が切れなくなっていますので、刃を交換します。(^^;
するとカンナをかけるようにスーと漉けるようになります。
140503_001_800

途中は飛ばして(^^;
胴体とわきまちを接着して、縫い穴を開けてから縫い作業にはいります。
140608_026_800

持ち手を所定の位置に接着して、カシメで止めます。
写真は接着強度をあげるためにクランプで固定しています。
140622_001_800

どうも、この順番は良くないみたいです。本来は胴体に持ち手を付ける→内ポケットを付ける
→わきまちを付ける、こちらが作業性の面からも正解です。
本にもそう書いてますね。(^^;

内ポケットもいきなりの完成形。(^^;
口の部分は段漉きをして、折り返して接着してあります。
切りっぱなしだと、物を出し入れしてるとビロ~んと伸びてしまうかなと思って。
140720_008_800

シンプルな形状なので、外側に刻印があるのはいまいちと思い、ポケット部分に入れました。
140720_010_800

ポケットを本体に取り付け。ポケット側はそれで補強になっていますが、反対側がシャキっとしてない。
なので、反対側にも補強を入れることにしました。
140721_001_800

仕上がりはこんな感じに。最後にラナパーで油分を補給してあります。
140802_002_800_2

140802_003_800

140802_004_800

140802_005_800

出来上がりを見ると、持ち手が少し厚いのと、巾も広いかな?
他にも細かいところに色々アラが目に付き、まだまだ修行が足りませんが、
無事引き取られていきました。(^^)

« Bromptonの手綱(たづな) | トップページ | トートバッグ2 »

コメント

はじめまして

自転車のブログも

楽しく

読まさせて

もらってます。

乗ってる自転車が

DAHON SPEED P8

レザークラフトも

趣味なので

ちょくちょく

見に来てました。

「手縫いで作る革のカバン」、

自分ももってるので

「角形トートバッグ」に

挑戦しようかと

思いました。

とりとめないコメントで

失礼しました。

>taoQさん
初めまして。コメントいただきありがとうございます。
こちらのサイトはひっそりとやってるので、コメント付いたりすると舞い上がっちゃいます。(笑)

おお、自転車もSPEED乗りでレザークラフトが趣味なんて、お仲間ですねぇ。

「角型トートバッグ」はデザインもスッキリしていて良い感じですよ。
下に置いた時にちゃんと自立するので使い勝手もイイと言われました。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

これからもよろしく~

自転車ブログの方から

裾バンドを

革でつくってるのをみて

その発想は

思い付かなかった!

さっそく、つくります。

バックはまだ

作ってませんが(-.-)

BROOKSの写真

中に芯材でも

入ってるんですかね?

自転車も、

レザークラフトも

奥が深いなあ。

ではでは

>taoQさん
私のにも心材、というか板バネが入っています。
ゼンマイのように丸まっているか、真っ直ぐかのどちらかなので
brooksの写真のように一部だけ真っ直ぐという形状にはならないのです。

今、二つ目を作っているので(今度は写真を撮りながら)
そのうちこちらへ上げておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bromptonの手綱(たづな) | トップページ | トートバッグ2 »