« トートバッグ2 | トップページ | レンジャーベルト »

積革モウル

次回作は自分で使うベルトを作ろうと思い立ち、カービングに手を染めてみようかと。
最近、色々相談に乗ってもらう「革楽屋(かわらや@千葉そごう)」で話を聞いて、刻印を購入。
すると「スタンピングにはモウルがいいですよ」とのお勧め。
現物を見せてもらったけど、その時は「う~ん」って感じでピンと来なかった。
でも、適度に重量があった方がスタンピングでは良さそうと判り、じゃあそれ使ってみようか。
とは言うもののかなりいいお値段。(^^;
構造をよく見てみると...「これ、作れるんじゃね?(^^;」

という訳で、ベルトの前にこれ作りましょ。うちにあった端革を丸く切り出します。
必要枚数が結構多いので大変です。
150828_004_800

150828_005_800

さらに真ん中にポンチで穴をあけていきます。これが地味に難しい。
きっちりセンターに開かないんですよ。(^^; そのズレが後に効いてきます。
150830_005_800

接着剤を塗って、重ねていきます。
150830_002_800

今回、使った接着剤はこちら。木工をやってる人にはポピュラーなタイトボンド3。
粘度が低いので塗り広げる使い方には最適です。
150830_004_800

いくつかのエリアに分けて、ボルトで締め込み圧をかけ接着強度をあげていきます。
150830_003_800

各パーツを合体して基本形とします。
150905_001_800

ここからヤスリで徐々に形を整えていきます。
150905_002_800

150905_004_800

この先は回転させながらの整形が必要です。
木工旋盤でもあれば最高ですが、我が家にはそんなものはないので電動ドリルを使った
「旋盤もどき」をでっち上げます。
150905_008_800

これは思っていた以上に使える!
150905_010_800

ここで、最初の穴開けの芯ズレが効いてきて、凹んでる箇所を無理に段差を無くそうとすると
かなり削り込む必要があるので、ここは無理せず多少の事は目をつぶる事に。(^^;

あらかた形が整ったので、トコフィニッシュを塗ってスリッカーで磨いて仕上げます。
150905_014_800

これが必要な全パーツ。樹脂はジュラコンの丸棒に穴をあけたもの、真鍮板は面取り、穴あけ後
耐水ペーパーで水研ぎしたあと、白棒、青棒で研磨仕上げ。
150906_001_800

これを組上げて完成。
150906_003_800

150906_004_800

革楽屋でBarry Kingと並べて見ました。う~ン、ちょっと大きかったですね。(^^;
でも、素人細工でも御大Barry Kingにも負けてないかな?(笑)
150906_009_800

« トートバッグ2 | トップページ | レンジャーベルト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トートバッグ2 | トップページ | レンジャーベルト »