« カメラストラップ | トップページ | スマートキーケース »

スキモレザーの札入れ

「スキモレザー」
151101_005_800

木目のように見えますが、これもれっきとした革です。
型押しした薄い革を何層にも重ね合わせ、それを漉くことで様々な模様が現れる、という手法。
この製法を考案して作ったのは浅草の職人さん。
昨年の10月、「浅草A-ROUND 2015」に行った際に、直接お会いして入手してきました。
後継者はいないそうなので、いずれは手に入らなくなるのかなぁ?

「さて、これで何を作ろう?」と考えて、ようやく出た結論が「札入れ」
手帳カバーという案もありましたが、自分用の財布が欲しいなと思って。

ちょうど「Lather Craft vol.11」に小銭入れの無い札入れの製作記事がありましたので、それを採用。
小銭入れ無しってのがポイントです。
20160117_002_800_2 20160117_001_800

型紙を起こして、革を切り出します。
20151231_003_800

以前、カードケースを作った際に、「漉き」の重要性は認識していましたのでキッチリ漉きましょう。
とは言うものの、漉きは苦手。(^^; 厚さが均一にならないし、穴あいちゃったり。
そこで、今回は豆カンナを使ってみました。これが私にはピッタリ。もっと早くから使えばよかった。(^^;
20151231_002_800_2

ポケット部の中仕切りは両面がギン面になるように折って貼り合わせるのですが、
折り目をミゾを入れてから...「なんか変???」
なんとミゾを入れる方向を90°間違えた~(^^;
結構大きな部材だったので、リカバリできず。
しょうがないので大晦日、そごうの革楽屋まで同じ革を買いに走りましたよ。(笑)

で、その失敗した革はこんな感じでパスケースとして無事レスキューされました。
20151231_004_800

ポケット部分ができあがり
20160102_003_800

今回、菱目打ちじゃなくてヨーロッパ目打ちを使ってみました。
これの方が縫い目がいい感じの斜めになって手縫い感が出てます。
20160102_001_800

豆カンナで漉いたけど、まだまだ厚みがあるのでさらに漉きました。
20160102_004_800

本体にポケットを貼り付けます。
その前に、(写真は無いけど)本体表革にスキモレザーをクランプ総動員して面圧を上げて
全面貼りです。
スキモレザーはギン面の無い床革みたいな物なので強度は弱いとの事。
必ず裏打ちして使うように言われました。
20160102_005_800

ヨーロッパ目打ちで縫い穴をあけていきます。
20160103_001_800

側面のマチの下側はどうやって縫ったらいいんでしょうかね?
しょうがないので糸を緩く通しておいて、スキマに接着剤を塗ってから糸を締め上げていきました。
20160103_002_800

こんな感じにできあがりました。
スキモレザーを扱うのは初めてだったので、糸を沈めるために削っていいものかどうか
判断できず、結局糸が表面に飛び出しています。しょうがないやね。(^^;
20160103_003_800

20160103_005_800

20160103_004_800

この模様、木工もやってる私にピッタリでしょ?

「やり損なった~(^^;」と思った革も有効活用。
20160117_007_800

« カメラストラップ | トップページ | スマートキーケース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラストラップ | トップページ | スマートキーケース »