« コンチョ無しのベルトループ | トップページ

CNCフライス

20180502_002_800_2
しばらくレザークラフトに手をかけられなかったのはこれにかまけていたから。(^^;
レザークラフトの道具に入れるのはどうかな?というとこですが...

写真の機械がCNCフライスです。(Computer Numerical Control)
パソコン上でCADで書いた図面のデータを切削用のデータにして、エンドミル(刃物)をXYZの
3方向に動かして、その通りに切削加工をする機械です。
これを使って絞りの木型を作ったり、アクリルの刻印を作ったり、コンチョを作ったりするので
まぁ、レザークラフトの道具と言ってもいいいかなぁ、と。(笑)

そして、これは一から設計して、部品を調達し、材料(アルミ)を切り出して穴をあけたりタップ立てたり、
この機械自体がハンドメイドなんです。
20170305_009_800

20170318_005_800

2017年の1月から設計を初めて、形になったのが5月頃。それから実際に使いながら徐々に不具合項目の
対策を進めつつ、順調に稼働できるようになったのが9月。
それ以降も使いながら集塵機能を追加したり、位置合わせのカメラを追加したりしながら完成度を上げてきています。

テンキーを使った機側操作用のペンダントスイッチ。
20180502_006_800

集塵機は掃除機を使っていますが、その手前にサイクロンを設置してあります。
20180504_007_800

制御系は本体の背中に背負っています。配線はケーブルダクトやケーブルキャリアを使って
保護しています。
20180504_010_800  

で、これを使って実際に削ったものはというと...
20171223_009_800

20180121_002_800

20180128_001_800

なんでだか、ハーレーがらみの物が多いですけど。(^^;

木型はまだ作って無いですけど普通に木工はやってますよ。
20180504_005_800

« コンチョ無しのベルトループ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンチョ無しのベルトループ | トップページ