« 蓋付きのベルトポーチ | トップページ

輪業腰道具差し

行きつけの自転車屋さんの店長から「仕事の時に腰に付ける道具差し、色々使ってるんだけど市販のだと六角レンチが
落ちちゃうんですよ。こんなの作れます?」って。
そんな風に言われたら「できません」なんて言えないでしょ。(笑)

早速、ホームセンターへ行ってリサーチ。どんな構造なのか調べてみたりして案を検討。
メインのホルダーは木型を作って革絞り、六角レンチは差し込み式、ベルトへの取付はクリップ式。
できる所から作り始めていきます。

まずは絞り。木型はCNCで削り出しています。
20190414_004_800_1

試作のつもりだったけど、うまくいったので本採用。(笑)
20190416_001_800

六角レンチを差す部分の材質は木材がいいかなと。ただ、柔らかい材料では耐久性に問題があるので
硬い木ということで黒檀をチョイス。ボール盤でレンチの各サイズに合わせた穴を開けます。
これが結構微妙なサイズになるので、何個か作り直しました。
そしてただの穴だけだとストンと下まで落ちてしまうのが面白くないので、木の中に磁石を埋め込んで
適度な抵抗をもたらすようにしました。(写真は磁石の取付前)
20190421_006_800

この木を革で包んで本体に取り付けます。ここも絞りで成形しています。
20190421_007_800

次はベルトクリップ。
最初は店長からサンプルで預かったものと同じのを買って、それから引っぺがして使おうと思っていたのですが
実際にバラしてみると取付が簡単にはいかなさそう。(^^;
こんなのはネットで探せばちょうど良さそうなのがあるだろうと高をくくっていたら、以外と無い!?

結局、無線機メーカーが出しているオプション品を買いました。
ただこれだとバックプレートが無いため、革に直接付けたのでは使えません。
なのでアルミプレートから削り出す事に。これなら革への取付用の穴も自由に決められるので一石二鳥?
20190427_025_800

このプレートにクリップを取り付けて、それを革にカシメで固定します。
ネジの頭の厚みの影響を最小限にするために超極低頭のビスを用意。
20190427_026_800

革にはカシメで固定しています。この革をもう1枚の革と縫い合わせて本体のベースになるんですが
万が一カシメやネジが取れてしまった場合は修復不可能です。(^^;
20190428_027_800
 
20190428_028_800

途中の写真がなくてなんですが、2つのパーツが完成。
両サイドのドライバー差しの取付部は革が最大4枚、縫い穴空けるのも
縫うのも超大変。(^^;
穴が垂直に開いてないので裏から見ると縫い目がガタガタ。
20190429_004_800

この2つのパーツを当初はカシメで止めるつもりでしたが、そうすると
縫えなくなる箇所があることに気がつき、別々に完成させて組ネジで
合体させる方法に至りました。

20190430_002_800

20190430_003_800

20190430_004_800

家にある自転車工具を入れてみました。
20190430_006_800

メインのポケットの大きさがこれで良かったのか
もう少し大きくする方がいいのか、逆に全体をもう少しコンパクトにするのがいいのか、
これは使う側の観点だから正解は無いとは思うのだけど。

« 蓋付きのベルトポーチ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓋付きのベルトポーチ | トップページ